Amazon RDS/Aurora機能概観

rds-vs-aurora.jpg 技術(ITエンジニア向け)

はじめに

この記事は下記雑誌の特集記事の大幅な要約が中心です。要約に際して表現は全て改めるとともに古くなっている内容のアップデートを図っています。

RDSとは

Amazon RDS(マネージドリレーショナルデータベース)| AWS
Amazon RDSは6つの人気データベースエンジンから選択できるマネージドリレーショナルデータベースサービスです。数回クリックするだけでクラウド内にリレーショナルデータベースを設定、運用、スケールすることができます。

Amazon Relational Database Serveceの略。RDBのマネージドサービス。

メリット

マネージドサービスである。つまり以下のようなメリットがある。

  • インストール作業が不要で使い始められる。
  • マルチAZ構成で可用性が高められる。
  • 自動でパッチ適用ができる。
  • 自動でバックアップが取れる。
  • 柔軟なパフォーマンス向上のため手段が用意されている。
    • リードレプリカ(読み取り専用インスタンス)の設置
    • インスタンスクラスの変更
    • ストレージの変更

Auroraとは

Amazon Aurora(高性能マネージドリレーショナルデータベース)| AWS
Amazon Aurora は、クラウド向けに構築され、MySQL や PostgreSQL と互換性のあるリレーショナルデータベースです。商業用データベースと同等のパフォーマンスと可用性を、10 分の 1 のコストで実現します。

RDSの一部。クラウド向けにAWSが構築したRDBのサービス。ハイパフォーマンス。MySQL互換、PostgreSQL互換のものがある。

RDSとAuroraの違い

内部アーキテクチャが異なる

Amazon Aurora の高可用性 - Amazon Aurora
Amazon Aurora では、DB クラスターの高可用性とフェイルオーバーサポートが提供されます。
  • RDSはインスタンスとストレージが一体化している。Auroraはインスタンスとストレージが分離している。
  • Auroraは1AZあたり2箇所、3AZに渡ってストレージがコピーされる。ストレージで障害が起こってもクライアントからのリクエストに影響しづらい。

Auroraにしかない機能が使える

BackTrack

Aurora DB クラスターのバックトラック - Amazon Aurora
Amazon Aurora MySQL 互換エディション では、バックアップからデータを復元しないで、DB クラスターを特定の時刻までバックトラックできます。

データの巻き戻しができるBackTrackが使える。テーブルのDROPやデータのDELETEの復旧が可能。戻した位置から進めることも可能。

ストレージの自動拡張

Q: Amazon Aurora データベースのストレージの下限と上限はどれくらいですか?

ストレージの下限は 10 GB です。データベースの使用量に応じて、Amazon Aurora ストレージは 10 GB 単位で最大 128 TB まで、データベースのパフォーマンスに影響を与えずに拡張されます。ストレージを事前にプロビジョニングする必要はありません。

よくある質問 - Amazon Aurora | AWS

使用状況に応じて10GBから128TBまでストレージが自動拡張する。

クラスタキャッシュ管理

Aurora PostgreSQL のクラスターキャッシュ管理によるフェイルオーバー後の高速リカバリ - Amazon Aurora
Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディション のクラスターキャッシュ管理によるフェイルオーバー後の高速リカバリ

プライマリがクラッシュしてリードレプリカがプライマリに自動昇格する場合(フェイルオーバーする場合)、キャッシュがないため一時的にパフォーマンスが下がる。クラスタキャッシュ管理によってプライマリと同じキャッシュを特定のレプリカに共有することにより、パフォーマンス回復までの時間を短縮できる。

グローバルデータベース

Amazon Aurora の高可用性 - Amazon Aurora
Amazon Aurora では、DB クラスターの高可用性とフェイルオーバーサポートが提供されます。

高速なリージョン間レプリケーション機能。ストレージ層でのレプリケーションなのでレプリケーション先にインスタンスを設置しなくてもレプリケーションが可能で低価格でのDR構成を実現可能。

Aurora Severless

Amazon Aurora Serverless | AWS
Amazon Aurora Serverless では、管理する DB インスタンスはありません。データベースは、アプリケーションニーズに応じて、容量を自動的に起動、停止、および拡大または縮小します。

インスタンス層が自動スケールする機能。稼働していない時にインスタンスがシャットダウンされるため料金を節約できる。需要が予測できない場合にも自動でスケールできる。

料金

料金 - Amazon RDS | AWS
Amazon RDS の料金についてご説明します。RDS は無料でお試しいたくことが可能で、お支払いは実際に使用した分だけです。また、お支払いには、オンデマンドインスタンスまたはリザーブドインスタンスをご利用いただけます。
料金 - Amazon RDS | AWS
Amazon RDS の料金についてご説明します。RDS は無料でお試しいたくことが可能で、お支払いは実際に使用した分だけです。また、お支払いには、オンデマンドインスタンスまたはリザーブドインスタンスをご利用いただけます。

補足

認定試験向けの書籍ですが、こちらもAWSのデータベースの概観を抑えるのにおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました